TOMO

スペイン留学をする本当の意味~サッカーを通して人生を豊かにする~

Hola!!

 

3月末に出発予定をしていたスペインのバルセロナへの短期留学を断念しました!

 

参加予定だった選手も「行けるのであれば行きたい」とギリギリまで行くことを希望してくれていたのですが、バルセロナでもコロナウィルスの影響で外出することを禁止されてしまったので、この状況では諦めざるを得ないということで中止(延期)を決断しました!

 

バルセロナでは必要最低限の外出以外は認められず、無駄な外出が見つかった場合は罰金を取られるようです!

(日本よりもかなり厳しい状況のようです。)

 

日本では学校は休みになったものの、それ以外に関してはすべて個人に任せるという状況なので、今回の対応を見るだけでも国によって“違い”を感じます!

 

海外に行くということは、こういった“違い”を知ることが1つ大きな財産になると思います!

 

“日本の当たり前”が“当たり前”ではなくなることで、感じることや得られるものはたくさんあります!

 

分かりやすいことで言えば、【言語】についての“違い”は絶対に感じることになります!

 

日本語が通じない!

さあどうする?!

 

海外に出て、色々な場面でそのような経験の何度も何度も積むことで、その後の考え方や行動は変わると思います!

 

僕自身は海外に行くことで考え方や行動が変わり、人生が変わったと思っています!

(小学生で中国、中学生でフランスと韓国、大学生で韓国とインドネシア、社会人でスペイン)

 

違った国に行けば、もっと違ったことを感じることができる思っています!

 

なので、少しでも早くに海外を知ることで、これからの人生に大きな影響を与えると思い、『サッカーを通して人生を豊かにする』という考え方のもと、“サッカーを通して世界を知る”という活動をこれからも続けていきます!

 

さらに、“世界を知る”という活動を続けたい理由としては、

  • 少子高齢化がこれからどんどん進む(人口が減る) → 【日本の市場が減り、若者の負担は増える】
  • 物価は上昇するが、給与は上昇しない → 経済が回らない
  • AIの発達 → 【仕事自体が減る】
  • コロナウィルスの影響で景気は落ち込む → 【一時的かもしれないけど、既にリストラも起こっている】

などなど、他にも様々なことが考えられますが、10年後や20年後の未来にはこういったことが起こるだろうと予測できるからです!

 

10年前を考えると、スマートフォンもそこまで普及していない時代でした!

(日本でアイフォンが普及し始めたのが2009年です。)

 

テクノロジーが進化している分、今から10年後にはもっと大きな変化が起こっていると思います!

 

時代の変化のスピードに置いていかれないためにも、日本の中でたくさん学び経験することと同時に海外に目を向けて、世界を市場に考えることも必要だと考えています!

 

僕自身は、

  • 海外に行けるチャンスがあれば行く
  • 英語の勉強をする
  • 健康な身体を作るための日々の取り組みを続ける
  • 畑仕事をして自給自足に少しでも近づける
  • 学ぶこと、チャレンジすることを続ける

ということを継続しています!

 

今回予定していたスペイン留学は、サッカーを学ぶことももちろんですが、もっともっと大きな意味を持った経験になるはずだったので、コロナウィルスの状況を確認しながら次のプランを考えていきたいと思います!

 

『サッカーを通して人生を豊かにする』

 

そんな人が1人でも増えるような環境を作っていきます!

 

 

れでは、Hasta luego–!!