TOMO

スポーツクラブにも性教育を -子どもが『性』に対して興味を持った時にとる行動とは-

Hola!!

 

4歳から15歳までの子どもたちと関わる中で、それぞれの年代によって身体的・精神的な特徴があり、同じ年代であっても個人差がとても大きいと感じます!

 

そう考えると「監督の言うことを聞け」という“言ってやらせるスタイル”ではなく、子ども1人ひとりの特徴に合わせた対応をすることで、子どもたちの成長スピードは上がるし、子どもが安心感、信頼感を持つことが出来ます!

 

そして今回考えていきたいのは、10歳頃から始まる【思春期と同時に『性(下ネタ)』に対する興味】と、同時期に【女の子は身体の変化】が出てくることについてです!

 

そういった場面ではどのように対応するべきなのか、女の子の身体の変化に対して指導者が理解しているのかはとても大切なことだと感じます!

 

僕自身もまだまだ理解できていない部分がたくさんありますが、

 

サッカークラブにも女子選手は増えてきているし、バスケやテニス、バレー、バトミントンなどの女子選手が多いスポーツの指導者の方の理解度はどのようなものなのか分かりませんが、スポーツクラブの指導者、保護者の方を対象に『性』に対する講習会を開催していきたいと考えています!

 

下ネタを発することがキッカケに

 

現代はインターネットの普及により、疑問に感じたことはネットで検索をしてしまう時代です!

 

これは一例ですが、知り合いの4歳の男の子が「スマホを使って“おっぱい”を検索している」という話を聞きました!

 

もちろん調べれば何でもスマホが答えを教えてくれます!

 

この時点で何かが起こるとは思いませんが、小学校の授業では『性教育』の触りの部分を学習します!

 

そこで『性』について興味・関心を持った子はスマホで検索をし、さらに関心を深めて友達同士で画像や動画を見る!

 

そんな展開は安易に想像ができるし、親はDSをしていると思ってたら実はネットで調べた動画を見ているということもよくあるようです!

 

そして何よりも怖いのが、『性』に対する被害はほとんど公表されないということです!

 

なかなか他人には言えないことなので、一般の人には知られることは少ないですが、実際には日常的に『性』に対する被害が起こっています!

 

そしてそれらは『いのち』に関わることになります!

 

子どもたちが発した下ネタがキッカケで、こういったことにまで繋がってしまう可能性はあるということを考えると、下ネタを発した時点でしっかりと対応をしておくことはとても大切です!

 

女性の身体の特徴を知ること

女の子の身体に変化が出てくる時期にも個人差はありますが、いつどのタイミングで変化が起こるのかは分かりません!

 

また、スポーツをしている女性は生理不順になりやすいようです!

 

指導者がそういった場合の備えをしておくことや、ホルモンバランスが崩れた時の不安定さを理解することも大切です!

 

また、女の子がいる中で男の子が下ネタを発する環境もよくありません!

 

いのちの大切さを知るために

僕自身もまだまだ理解できていませんが、助産師の母を持ち、自身も産婦人科で勤めた経験を持っている妻から少しずつ勉強をしています!

 

『性』について学んでいく中で、このことはたくさんの人に知ってもらいたいと感じました!

 

『性』は『いのち』に関わることなので、“性被害”を減らすことと同時に、“人を大切にする心”や“親子の絆が深まる”と思います!

 

もし依頼をして頂けるのであれば、『いのちの授業』をさせてください!

 

  • 下ネタを言い始めた子どもに対する対応について
  • 女性の身体の特徴を理解すること
  • 家庭での性教育の始め方

内容に関しては相談に応じさせて頂くことができます!

 

僕も実際に起こっている“性被害”について知ると、1人でも多くの人に知ってもらい『いのち』の大切さを感じてほしいと思っています!

 

ネットが普及した時代では、子どもたちが興味を持って調べることは絶対に防ぐことができないので、しっかりとした知識として身につけておくことが大切です!

 

こちらもあわせてご一読ください!

性教育って必要なの?先日スッキリで性教育が特集されていましたね こういう風にテレビに取り上げてみんなで考えれるのはとてもいいこと やはりどうしてもタ...

『子どもたちの未来のために』

ten*TEN 「子は宝」

tesoro(宝)・esperanza(希望)・ niño(子ども)

adios!!