個サル&キッズ運動遊び

僕の寿命はあと何年?-みんなが知れば必ず変わる-

HOLA~!!

 

突然ですが、僕たちの寿命はあと何年でしょうか?

 

30代の僕たち世代は40年~50年でしょうか?!

 

それでは、『地球の寿命はあと何年?』

 

昨日産まれた、今日産まれる赤ちゃんもいると思いますが、子どもたちが生きる未来は存在するのか?ということを考えなければいけないと感じています!

 

そんなことを考えたことがありませんでしたが、もし、“人の寿命”よりも“地球の寿命”の方が短かったらどうしますか?!

 

「地球の命は80年」と言われているそうです!

 

日本では報道されていない【気候変動】

 

確かに、毎年のように自然災害が起こっているし、その回数が増えてきています!!

 

地震、台風、洪水、猛暑・・・・世界に目を向けると他にもたくさんの自然災害が起こっています!

 

こういった自然災害はなぜ起こっているのか?

 

地球を守るために、子どもたちの未来を守るために、30分くらいの動画なので、時間がある時に絶対に見てください!!

谷口たかひささんのYouTube

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

いま世界で起こっている気候変動は、地球に生きる人全員が当事者です!

 

難しいことをやらなければいけないのではなく、日々の生活の中で選択を変えることが地球を、子どもたちの未来を守ることになります!!

 

  • ゴミを減らし(特にプラスチック)→エコバック、マイボトル、マイお箸を持つ!
  • 省エネをする→電気や水の無駄使いを減らす!(歯磨きをしている時は水を止めるなど)
  • 公共交通機関を使う→電車移動をする、自転車移動をする!
  • 牛肉、乳製品を控える→牛肉や牛乳を飲む量を減らす!
  • 政府や企業、メディアに意思表示をする→選挙に参加する、SNS等で発信をする!

 

今を生きる大人としては、子どもたちに対して「将来のために学校に行って勉強をしなさい」と言うことよりも、

 

<子どもたちの将来のために日々の生活を見直し、選挙に参加するする>という1人ひとりが行動をしていかなければいけないと思います!

 

まずは、地球では(世界では)どういったことが起こっているのかを知ること、そして日々の生活の中で選択をすることをみんなで取り組んでいきましょう!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この【気候変動】がもしウソなら、そんなに嬉しいことはない。

けどね、万一ウソだからといって地球環境をやたら滅多に壊していいわけはない。

環境を必要以上に破壊していい理由なんて何一つないんです。

目に見えるかたちで災害が増えている現実を受け止めなきゃいけない。

この星は、未来に生きる子どもたちからの借りもの。

今の大人がわけもわからずに破壊をしていいものではないはず。

口では「子どもたちを愛してる」と言いながら、その子どもたちの未来を壊す。

そんなカッコ悪いことはもうやめませんか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

人と人が繋がっているように、自然と人間も繋がっています!

 

みんなで知識を出し合って、勇気を出し合って、1人ひとりが日々の選択を考えていきましょう!

 

それでは、Hasta luego—-!!